カテゴリー: ヒラマサ

田代誠一郎がオシア 別注平政190F フラッシュブーストを紹介!!田代誠一郎がオシア 別注平政190F フラッシュブーストを紹介!!

別注ヒラマサ 190F フラッシュブーストは、ウェイトを重くして浮き姿勢を沈み気味に調整しているので、フラッシュブーストが水の中に入り、よりアピールするようになっています。さらに、後方重心に作り姿勢を立てに調整しているので、よりダイブしやすくなっています。こうすることによって、

ソルティガ AP C86-8/C83-10のプロのインプレを紹介!!ソルティガ AP C86-8/C83-10のプロのインプレを紹介!!

ファイト時にはロッドをしっかりと曲げてファイトすることが可能です。魚の突っ込みに対しては、継なぎのセクションがキレイに曲がってくれるので、パワーをキレイに移行してくれます。そして、バットセクションの強さで魚をリフトさせることが可能です。

田代誠一郎プロがフルスロットル190F&オシアプラッガーフレックスドライブ S83Hを紹介!!田代誠一郎プロがフルスロットル190F&オシアプラッガーフレックスドライブ S83Hを紹介!!

オシアプラッガーフレックスドライブ S83Hは、フルスロットル190Fを操作するのに適した低弾性のロッドです。低弾性のロッドなのでよく曲がるのが特徴で、この特徴によってルアーの操作性や魚が掛かった時のファイトがやりやすいです。

ソルティガ C 83-4/6 SPのプロのインプレを紹介!!ソルティガ C 83-4/6 SPのプロのインプレを紹介!!

ネジレを抑えることが出来る”X45フルシールド”が搭載されているので、小型プラグでもしっかりとルアーがロッドに乗って、そのルアーの重みをしっかりと反発力として活かしてくれるので、小型プラグでも遠く飛ばすことができます。さらに、操作性も高いのが特徴です。

ソルティガ Cのプロのインプレを紹介!!ソルティガ Cのプロのインプレを紹介!!

ソルティガC 83-6は「九州ヒラマサキャスティング(玄界灘)で、この一本があれば・・・」というロッドを目指して作られたモデルで、玄界灘では一年を通して最も使われるPEの号数は6号です。そのPE 6号を気持ちよくキャスト&操作がしやすく、魚を掛けてからもファイトがしやすいセッティングがなされたロッドで、

小型青物プラグでマイクロベイトパターンを攻略!!小型青物プラグでマイクロベイトパターンを攻略!!

ダイビングペンシルによるマイクロベイト攻略は、リーリングを主体としてジャークを織り交ぜた高速アクションが有効です。(群れで追われているキビナゴが高速で移動するような動きを意識します。)このアクション時にヒラマサは速く泳いで逃げ惑う群れを意識するので、リーリングスピードを

ソルティガR J62S-4 LO&J56S-4 HIのプロのインプレを紹介!!ソルティガR J62S-4 LO&J56S-4 HIのプロのインプレを紹介!!

北部九州のヒラマサは、根が荒い場所でヒットすることが多いので、基本的にドラグを出すことが出来ません。 なので、しっかりとロッドを起こして、ドラグを締めてファイトする必要があります。そうなると

オシア プラッガーリミテッドを田代誠一郎プロが紹介!!オシア プラッガーリミテッドを田代誠一郎プロが紹介!!

オシアプラッガーリミテッドには”Vホールドフロントグリップ”が採用されています。手が小さい人が円形の太いものを持つ時は親指までしっかりと持たないと力を入りにくいですが、Vホールドフロントグリップに

コルトスナイパー ロックディープの使い方を紹介!!コルトスナイパー ロックディープの使い方を紹介!!

基本的な使い方は”ただ巻き”ですが、コルトスナイパー ロックディープはシンキングタイプなので、ゆっくりとフォールします。なので、フォールさせてからただ巻きを開始すると深いレンジを攻略することができます。応用的な使い方として