ダイワ/ふく鯰のチューン方法や使い方を消化!!ダイワ/ふく鯰のチューン方法や使い方を消化!!

日中にナマズを狙う場合、カバーの際にルアーをアプローチしますが、ただ巻きで誘うとすぐにルアーがカバーから離れてしまいます。しかし、ふく鯰はドッグウォークさせることが可能なので、カバー際で移動距離の少ないアクションでナマズを誘えます。

伊賀拓実プロが仙台サーフでヒラメ&マゴチを攻略!!伊賀拓実プロが仙台サーフでヒラメ&マゴチを攻略!!

ビッグバッカー ジグは抜群の飛距離を誇るので、他のアングラーでは届かないような沖のブレイクや瀬に潜む大型のヒラメやマゴチを狙うことが出来ます。定番のカラーが”ピンクバック”と”アカキン”で、ピンクバックはどのカラーがいいのか迷った場合におすすめのカラーで、アカキンは

もりぞープロがフリーリグチニングを紹介!!もりぞープロがフリーリグチニングを紹介!!

もりぞープロがチニングをする際の基準としている7フィート6インチ、ミディアムライトアクションを採用したフリーリグからトップウォーターなどのプラグまで一本で扱えるバーサタイルなモデルです。素材には”SVF ナノプラス”を採用しているので張りと感度、ネジレ剛性に優れています。

初夏の利根川シーバスをキックビートで攻略!!初夏の利根川シーバスをキックビートで攻略!!

キックビート17gは風が吹いても飛距離が出るので、フィールドを広範囲に探る事ができます。そして、ただ巻きはもちろんのことロッドで煽ったり巻きのスピードを変えるとレスポンス良く反応してくれるルアーなので、多彩なアクションでシーバスを誘うことができます。

萩原徹プロがアジングの釣り方を紹介!!萩原徹プロがアジングの釣り方を紹介!!

そんなナイトゲームでおすすめのポイントが”常夜灯”の周りです。なぜ常夜灯がおすすなのかというと常夜灯は明かりを発しているので、その明かりに小さなプランクトン(エビや蟹の幼生やバチなど)や小さなイワシが寄ってきます。そんな寄ってきたプランクトンやイワシをアジが捕食しに

ライズジャパンのメタルジグ ライズジグフラットを紹介!!ライズジャパンのメタルジグ ライズジグフラットを紹介!!

ライズジグフラットは半面ほぼフラットを採用して、反対側にはアール形状にミゾが入った形をしたジグです。フラット面にはカレントバンパーが設けられているので、平面が同じ圧を受けるのではなく、違う水流を起こしてくれます。それによって、ただ巻きをしてもフラフラとアクションしてくれるジグです。この2つの使い分けとして

【ブルーブルー】アミコン40Sの特徴&カラーを紹介!!【ブルーブルー】アミコン40Sの特徴&カラーを紹介!!

プラグの経験が少ない方は、プラグを使うと「特別な使い方をしなければならないんじゃないか?」と思いがちですが、このアミコン40Sはジグヘッドで行うようなただ巻きやダートアクションを行うだけで釣ることが出来ます。しかし、アミコン40Sはワームではなくプラグなので

巻き巻きフリーリグで浜寺運河のチヌを攻略!!巻き巻きフリーリグで浜寺運河のチヌを攻略!!

石川プロはデイゲームでは手にボリュームがあって広範囲を効率よく探ることができる『チャンクロー』をメインに使用しています。もし、水がキレイな場合は手が柔らかくナチュラルに誘える『ウェーバーシュリンプ』を使用します。サイズは大きめの2.8インチを使用するのがポイントだそうで、

ゴーセン アンサージギングPEx8を紹介!!ゴーセン アンサージギングPEx8を紹介!!

ジギングにはスピニングタックルとベイトタックルが存在しています。それぞれの使い分けとして、船が流れずに真下にルアーがフォールする場合はベイトタックルがおすすめです。逆に風などによって船が流れてしまう場合はスピニングタックルがおすすめです。また、

ハタ喰い蟲の特徴&カラーを紹介!!ハタ喰い蟲の特徴&カラーを紹介!!

ハタ喰い蟲の最大の特徴は、テール部に搭載された”オリジナルブレード”です。このブレードが水中で回転することによって、光を反射して魚へアピールしてくれます。さらに、バイトポイントにもなります。そんなオリジナルブレードはスクリュー方式で装着されているので、状況に応じて