カテゴリー: 釣り方&使い方

ヴァルケイン フィガーSSの使い方を紹介!!ヴァルケイン フィガーSSの使い方を紹介!!

ファットボディ×ハイレスポンスターンがエリアミノーイングの概念を変える!!移動距離を抑えたクイックターンから広範囲を狙うワイドターンまでロッドアクションに驚くほど素直に追従する絶妙なボディバランス。直線的なアクションを基本とするシュヴァーンシャッドシリーズに比べ左右への

春のデカメバルをミュートボールシリースで攻略!!春のデカメバルをミュートボールシリースで攻略!!

ミュートボールペンシルの基本的な使い方は”ただ巻き”か”トウィッチ&ステイ”です。魚に気づかせたい場合はトウィッチ&ステイで誘い、あまりプレッシャーを掛けさせたくない場合はゆっくりただ巻きでドリフトさせながら使います。

ワンダーによる早春ホタルイカパターンを紹介!!ワンダーによる早春ホタルイカパターンを紹介!!

ホタルイカパターンはホタルイカを意識している魚を狙う釣り方で、基本的にルアーはスローリトリーブorあまり動かさないのが基本です。特にシャローエリアで釣りをする場合は、ゆっくり魚にアピールしながら誘うのをイメージするのが大事です。

エバーグリーン ウィグラ40&コルセア50の使い方を紹介!!エバーグリーン ウィグラ40&コルセア50の使い方を紹介!!

コルセアは、元々シーバス用に開発されたルアーでしたが、バチをイメージして作られているのでゆるっとテールを振るアクションをします。なので、メバルでもよく釣ることができるルアーです。また、シンキングペンシルなので、このサイズ感でありながらしっかりと飛んでくれます。サーチベイトとして非常に優秀なルアーです。

タップダンサー&ダートランの使い方を紹介!!タップダンサー&ダートランの使い方を紹介!!

まず、キャスト後タップダンサーをボトムまでフォールさせます。着底したら最初は広く魚を呼び込むためにボトムバンプを強くして魚を寄せます。その後、喰わせの間を作るために小さくシェイクします。ボトムに魚がいない状況ではボトムバンピングなどの大きなアクションで魚の目線を

ミッチー高橋プロがサムライジグRを紹介!!ミッチー高橋プロがサムライジグRを紹介!!

先代のサムライジグはアクション優先なので、センターウェイトバランス(ボディの背が高く、幅の広い部分がジグの中央よりも頭寄り)でしたが、新型のサムライジグRは全体的にスリムに出来ており、テールは絞った形状を採用しています。こうすることで重心がテールに寄るので、飛距離を伸ばすことが出来ます。

DUOのSLJロッド ヴィガーを紹介!!DUOのSLJロッド ヴィガーを紹介!!

ヴィガーは”フルソリッドブランク”を採用したロッドで、チューブラー(中空状態)と違いフルソリッド(ロッド全体が詰まっている)を採用したことによって”感度が良く” ”よく曲がる”ロッドに仕上がっています。さらに継ぎ目のないワンピースロッドなので”繊細さ”と”パワー”を持っており、魚を掛けた後はグリップエンドまで

バチ抜けシーバスをDUOのマニックで攻略!!バチ抜けシーバスをDUOのマニックで攻略!!

柔らかめのロッドを使用することで、バチ抜け時の吸い込みの弱いバイトを弾かないようにします。スローな釣りになるので、リールはノーマルギアまたはローギアリールを使用します。ラインは『PE 1号+ナイロン 16~25lb』を使用します。比重の小さいナイロンラインを使用することで、スローな釣りでもラインが沈んでしまうことを

ボトム攻略専用スプーン Tグラベルの使い方を紹介!!ボトム攻略専用スプーン Tグラベルの使い方を紹介!!

Tグラベルには1.7g、2.0g、2.8g、3.4gの4つのウェイトがラインナップされています。簡単な使い分けとして、始めはボトムを取りやすい2.0gを使用します。そして、慣れてきたら1.7gを使用します。(自重が軽い方が

アーダがるる132Fの使い方を紹介!!アーダがるる132Fの使い方を紹介!!

この2つ目の大量のベイトの群れがいる状況は、通常のルアーを引いてもベイトに当たって上手く引くことが出来ません。しかし、ふらがるるならベイトに当たらない層をキープしながら”ふらふら”と泳がすことが出来ます。さらに、確実に喰えるベイトをイミテートできるので、多くいるベイトの中からふらがるるを選んでバイトさせることが