カテゴリー: クロダイ(チヌ)

ブレニアス B74ML-S&B73L+のプロのインプレを紹介!!ブレニアス B74ML-S&B73L+のプロのインプレを紹介!!

「そんな重たいモノを扱うのならソリッドティップじゃなくてチューブラーでいいんじゃないか?」と思われますが、チヌやキビレのバイトは非常に繊細で、掛けるのが難しい魚です。そんな繊細なバイトをキッチリ掛けて行くために、喰い込みが良くティップを見て目でバイトを感じ取ることができる

黒田健史プロが浜名湖のブリームゲームを紹介!!黒田健史プロが浜名湖のブリームゲームを紹介!!

浜名湖でブリームゲームする際に主に狙うポイントは”カキ瀬”と呼ばれる湖底にカキの殻が集まっている場所です。このカキ瀬はすぐに根掛かりしてしまうポイントではありますが、クロダイはボトムにいるカニやエビ、ハゼなどのベイトを捕食しているので

【フィッシュアロー】フリリグシュリンプ2.6インチの特徴&カラーを紹介!!【フィッシュアロー】フリリグシュリンプ2.6インチの特徴&カラーを紹介!!

ボディ両サイドに配された4本の脚は、フリーリグ使用時に水を受けてしっかりとアクションするとともにフォールスピードを抑制して、意図的にシンカーとの距離を出すことが可能です。さらに、フックポイントに近い部分が

旧江戸川のクロダイをナレージ&クミホンディープFで攻略!!旧江戸川のクロダイをナレージ&クミホンディープFで攻略!!

既存のクミホンディープはシンキングタイプでしたが、新たに出るクミホンディープFはフローティングタイプなので、根掛かりが多発するクロダイゲームでも止めて浮かせることで根掛かりを回避することが

ちびチヌヘッドでスレチヌを攻略!!ちびチヌヘッドでスレチヌを攻略!!

ちびチヌムシとちびチヌ蟹は、一口サイズに収まる小さなワームなので、プレッシャーの高いチヌに非常に有効なワームです。使い分けとして、ちびチヌムシはフナムシが多いフィールドにおすすめで、蟹が多いフィールドではちびチヌ蟹がおすすめです。しかし

加藤光一プロがハードルアーでクロダイを攻略!!加藤光一プロがハードルアーでクロダイを攻略!!

マーゲイは、港湾部の足場の高いポイントでただ巻きやジャークなどでシーバスを狙う為に開発されたルアーです。しかし、湾奥河川でも非常に使いやすいルアーで、ただ巻きでハードボトムをコンタクトさせても”根掛かり回避能力が高い”ので、根掛かりを回避しながらクロダイを狙うことができます。

もりぞープロがフリーリグチニングを紹介!!もりぞープロがフリーリグチニングを紹介!!

もりぞープロがチニングをする際の基準としている7フィート6インチ、ミディアムライトアクションを採用したフリーリグからトップウォーターなどのプラグまで一本で扱えるバーサタイルなモデルです。素材には”SVF ナノプラス”を採用しているので張りと感度、ネジレ剛性に優れています。

ブレニアスエクスチューンS72ML&B76MLを紹介!!ブレニアスエクスチューンS72ML&B76MLを紹介!!

ブリームと一言に言っても関西ではチヌ呼ばれる”クロダイ”と関西ではキチヌと呼ばれる”キビレ”が存在しています。この2種類は、それぞれ産卵の時期が違い、クロダイは春(浜名湖の場合はおおよそ5月)なのに対して、キビレは9月末から10月ぐらいまでが産卵の時期です。