ミッチー高橋がダーティンジグ&ラフライド160Fで青物を連発!!


 

ショアラインシャイナーZ バーティス ストロング 97F インプレ

通常のショアラインチャイナーを、大物狙いで使用する際はスプリットリングとフックを交換して使う必要がありました。

しかし、この『ショアラインシャイナーZ バーティス ストロング 97F』は、初めから大型の魚を狙えるスプリットリングとフックが取り付けられています。

さらに、強度が高く重いスプリットリングとフックが取り付けられていますが、それでも浮く浮力設定がなされています。

なぜショアラインシャイナーZ バーディスを強化したのか

なぜこのような小さなルアーに大型のスプリットリング&フックを取り付けたかというとヒラスズキやブリ、真鯛を狙う際にどうしても小さなサイズのルアーじゃなければ口を使わない状況があります。

ショアラインシャイナーZ バーディスはスローなリトリーブやトゥイッチ&ジャークに対応しており非常に良く釣れました。

なので、ショアラインシャイナーZ バーディスに初めから強化されたスプリットリングとフックを取り付けたそうです。

 

ダイワ/ダーティンジグ インプレ

ダーティンジグ 特徴

岸から青物を釣るために開発されたジグで、シャックった際に上に持ち上がった勢いでスライドしながらフォールします。

そして、フォールは水平姿勢の状態でローリングしながらフォールします。

ダートアクションと水平ローリングフォールで誘えるジグです。

ディンプル構造

ロックショアジギングは重いジグも使うので一日中シャクっているとどうしても疲れてしまいます。

なので、このジグにはディンプル構造が採用されています。

ディンプル構造は、より軽い力でジャークできるので疲労を抑え集中力を持続させてくれます。

パワーリブフレーム搭載

ジグ内部にはステンレス板にダイヤ格子リブ加工を施した高強度打ち抜きフレームを搭載、岩などに当てても変形しにくくなっています。

HDコーティング塗装

一般的なジグは岩などに当ててしまうと傷が付いて、塗装が剥がれてしまいます。

しかし、このダーティンジグはHDコーティング塗装が施されているので、当ててしまった場所は剥がれてしまうが、そこから剥がれが広がることがありません。

サクサスフック

アシストフックには貫通力の高いサクサスフックが採用されています。

これにより、タフなコンディション時のショートバイトを高確率でフッキングすることができます。

 

ダイワ/ショアスパルタン ラフライド160F

ラフライド160F 特徴

16cmのダイビングペンシルです。

特徴はディンプルボディで、初めは飛距離を稼ぐ為に取り付けたそうですが、ラフライドをダイビングさせた際にディンプルにエアを纏い、水中で泡となってルアーを包み込んでくれます。

ウォブンロールアクション+ポッパーのような泡で魚に強烈にアピールしてくれます。

ドッグウォークアクション

このモデルはドッグウォークアクションをさせられるように作られています。

これにより、一回バイトしてきてフッキングをミスしてもドッグウォークアクションさせることで、追尾させてもう一度バイトさせる事ができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です