ヒロセマンによる夏のロックフィッシュゲーム!!


沖磯で夏のハタゲーム!!

オオモンハタとアカハタの違い

オオモンハタは潮通しのいい所を回遊しますが、アカハタはどちらかというと根に付く魚です。

そして、巻きに反応がいいのがオオモンハタで、アカハタはリフト&フォールなどのスローな釣りに反応が良いです。

また、ロックフィッシュはテキサスリグなどでネチネチ攻めるイメージがありますが、ハタ系の食べるスピードは速いのでスピーディーな釣りにも可能性があります。

ジグヘッドリグ

根魚狙いの一番ベーシックなリグがジグヘッドリグです。

ジグヘッドリグは、組み合わせるワームによって狙い方が変わるリグで、シャッドテール系ワームならスイミングの釣り、クロー系ワームはボトムバンプやズル引き、リフト&フォールなどのボトム中心の釣りがメインです。

グラブ系はスイミングでもボトムバンプでも使えます。

ワームとメタルジグ

ワームがフグやベラにボロボロにされてしまう状況ならメタルジグが圧倒的に有利です。

しかし、足元からドン深になる所はワームで近距離戦をするのが有利です。

また、スピニングで遠投して広範囲を探る場合はメタルジグが有利です。

 

マキジグスローとマキジグジェット

マキジグスロー

根魚を狙うのだったらマキジグスローがおすすめです。

使い方は、マキジグということで巻くだけでもいいですが、リフト&フォールで誘ってもスローにフォールするので喰わせやすいです。

アクションは、ジグパラシリーズのようにウォブリングしないで、テールに付いているブレードがアピールしてくれるので巻き抵抗が軽いです。

フォール時は木の葉のように”ヒラヒラ”と落ちていくので、フォールアクションも喰わせの間になります。

マキジグジェット

マキジグジェットは飛距離特化型で、青物はもちろんのことヒラメやマゴチもターゲットです。

 

NEWソルパラ・ハードロックモデル

ソルパラ ハードロックモデル スピニングモデル

ソルパラ ハードロックモデルは根魚狙いのロッドシリーズで、おかっぱりでもボートからでも狙える長さに設定されています。

ラインナップはSPX-76ML/S、SPX-792M/S、SPZ-832M/S、SPX-832MH/Sと柔らかいモデルから硬いモデルまでパワー別にリリースされているので、魚の大きさや使用するルアーの重さによって選択することができます。

スピニングモデルは、ハードなバットとしなやかなティップなので、軽めのルアーを遠投するのに向いています。

ソルパラ ハードロックモデル ベイトモデル

ソルパラ ハードロックベイトモデルはSPX-762MH/BとSPX-802H/Bの2機種がラインナップされています。

ベイトモデルは、ボトムの釣りに向いていると同時にシューティング能力も高いので、ボートからピンスポットを狙う釣りにもおすすめです。

また、ベイトモデルは硬めの設定なので、少し重めのルアーを使うときに活躍してくれます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です