宮本欣也プロがフリッド125Sの使い方を解説!!


ブルーブルー/フリッド125S

フリッド125S 特徴

フリッドには2つのリップ(フロント部分にトサカ状のリップとお腹の突起)が搭載されています。

通常、後方重心のルアーは尻下がりのスイミング姿勢になってしまいますが、フリッドはこの2つのリップの効果によって、ベイトフィッシュライクな水平に近いスイミング姿勢を実現しています。(頭側のリップは頭を下げさせる役割、お腹側のリップはお尻を上げる役割があります。)

他のシンキングペンシルとの違い

フリッドのアクションはワイドな尻振りアクションです。

このようなアクションをするルアーは今まで無かったので、初めて見るアクションに魚もつい口を使ってしまいます。

また、ダブルリップはしっかりとした引き抵抗があるので、リトリーブ中に手元まで伝わる”ブルブル”感があります。

なので、難しいシンキングペンシルの釣りですが、アングラーが何をやっているのかわかりやすいルアーです。

フリッド125S ストップ&ゴー

まず、フリッド125Sをフルキャストします。(斜め45度くらいに飛ばすと一番飛距離が出ます。)

着水したら後方重心なので一気にボトムまでフォールします。

着底したら手元に”トンッ”という感覚が伝わるので、それを目印に5回ほどスローリトリーブしてらリーリングを止めてフリッドを着底させます。

フリッドは、早巻きし過ぎるとルアーが暴れすぎてしまうので、スローからミディアムリトリーブが有効です。

また、沖を攻める場合はロッドを立てるとブレイクのショルダーにラインを当てずに引いて来ることができます。

フリッド125S ただ巻き

風が強い日にストップ&ゴーをすると止めて着底するまでにラインが流されてしまうので、そのようなときはロッドを倒してスイミング(ただ巻き)で誘うのが有効です。

フリッドは巻くだけで尻振りアクションで魚を誘ってくれます。

フリッド125S バックスライド

フリッドのような後方重心のルアーでしかできないアクションとしてバックスライドがあります。

アクション方法は、ロッドを煽って瞬時にテンションを抜いてルアーをバックスライドさせます。

こうすることによって、移動距離を少なくして魚を誘うことができます。

 

フリッド125S スペック&カラー

フリッド125S スペック

長さ : 125mm
重さ : 37g
フック : #5
リング : #3
希望小売価格 : 1,950円

フリッド125S カラー

#01 ブルーブルー

#02 CBOB

#03 アカキングローベリー

#04 オレンジキャンディホロ

#05 トロピカルクリア

#06 房総ファイナル

#07 マットチャート

#08 マットホワイトタイガー

#09 食べごろカタクチ

#10 サーフキング

#11 ファニーピンクゼブラ

#12 がつん!とキウイゼブラ

キラキラレインボー(WEB限定カラー)

マットホワイトブルータイガー(WEB限定カラー)

マットピンクタイガー(WEB限定カラー)

 

フリッド125S まとめ

・フリッド125Sには2つのリップが取り付けられている。

・2つのリップにより水平に近いスイミング姿勢をする。

・アクションはワイドな尻振りアクション。

・手元までブルブル感が伝わるので集中して釣りができる。

・ストップ&ゴーやただ巻き、バックスライド等で使える。

 

情報元
https://www.bluebluefishing.com/item/series/001001/67/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です