ルアー道。 DUO,アジング,釣り方&使い方 萩原徹プロがアジングの釣り方を紹介!!

萩原徹プロがアジングの釣り方を紹介!!



アジングに必要な道具

必要なモノ

アジングをしっかりと楽しみたい場合は専用のタックルが必要です。

特にアジングにおいて重要なのがロッド(竿)なので、アジング専用ロッドを揃えることがおすすめです。(萩原プロ曰くロッドによって釣果に差が出ます。)

リールは、細いラインを使うので1000番・2000番のスピニングリールがおすすめです。

ライン(糸)は『ポリエステルライン』『フロロカーボンライン』『PEライン』『ナイロンライン』と存在していますが、初めはトラブルの少ないフロロカーボンライン1.5lbがおすすめです。(アジングで使うルアーは軽いので、太いラインを使うと飛距離が出ないので細いラインがおすすめです。)

そして、リーダーとしてフロロカーボンライン 3lbを30cmほど付けます。(アジが釣れた際にこのリーダーを持つことでラインが切れるのを防ぐことができます。)

 

アジングのポイントの選び方

情報

まず、釣り場の近くの釣具屋さんでアジが釣れる場所を聞くことが大事です。

そして、釣り場に居る釣り人に挨拶をして、釣れているのかどうかを聞くことも大事です。

常夜灯

アジングはナイトゲームでやることが多い釣りです。

そんなナイトゲームでおすすめのポイントが”常夜灯”の周りです。

なぜ常夜灯がおすすなのかというと常夜灯は明かりを発しているので、その明かりに小さなプランクトン(エビや蟹の幼生やバチなど)や小さなイワシが寄ってきます。

そんな寄ってきたプランクトンやイワシをアジが捕食しに来るので、常夜灯はアジを釣るのには最適なポイントです。

では、そんな常夜灯のどこを狙えばいいのかというと明かりが照らされている下側や自分の足元にある影です。

潮通し

潮通しもアジングにおいて重要で、外海に対して港の先端部は潮通しがいいのでよく魚を釣ることが出来ます。

また、このような場所は船が通るために船道が設けられているので、地形に変化があるのもよく釣れる要因の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。