カテゴリー: 根魚

ブリーデンのルアーでアフターメバルを攻略!!ブリーデンのルアーでアフターメバルを攻略!!

メバルの産卵は1月ぐらいで終わり、春はアフターメバルがベイトをどんどん喰い始める時期です。さらに、春になると小さなベイトが多く接岸するのでメバルも岸に寄ってきます。この時期のメバルは積極的にルアーを追いますが、メバル自体があまり追って食べる魚ではないので、アタリがあった場合は同じ場所へ投げた方が効率よくメバルを

春のデカメバルをミュートボールシリースで攻略!!春のデカメバルをミュートボールシリースで攻略!!

ミュートボールペンシルの基本的な使い方は”ただ巻き”か”トウィッチ&ステイ”です。魚に気づかせたい場合はトウィッチ&ステイで誘い、あまりプレッシャーを掛けさせたくない場合はゆっくりただ巻きでドリフトさせながら使います。

ワンダーによる早春ホタルイカパターンを紹介!!ワンダーによる早春ホタルイカパターンを紹介!!

ホタルイカパターンはホタルイカを意識している魚を狙う釣り方で、基本的にルアーはスローリトリーブorあまり動かさないのが基本です。特にシャローエリアで釣りをする場合は、ゆっくり魚にアピールしながら誘うのをイメージするのが大事です。

エバーグリーン ウィグラ40&コルセア50の使い方を紹介!!エバーグリーン ウィグラ40&コルセア50の使い方を紹介!!

コルセアは、元々シーバス用に開発されたルアーでしたが、バチをイメージして作られているのでゆるっとテールを振るアクションをします。なので、メバルでもよく釣ることができるルアーです。また、シンキングペンシルなので、このサイズ感でありながらしっかりと飛んでくれます。サーチベイトとして非常に優秀なルアーです。

スネコン50Sでメバルプラッキングゲーム!!スネコン50Sでメバルプラッキングゲーム!!

スネコン50Sはサイズ 50mmで重さ 3gのシンキングペンシルです。一般的なシンキングペンシルとは違って重心が前方にあるのが特徴で、水中ではしっかりと水平姿勢を保って泳ぎます。また、流れに対して自由に動くウェイトが敏感に反応して、流れの中を勝手に進んでくれるのも特徴です、ヘビーシンキングペンシルだと

ヒロセマンがナノラバの使い方を紹介!!ヒロセマンがナノラバの使い方を紹介!!

ナノラバには1.5g・2g・3g・5g・7g・10gの重さがラインナップされています。重たいウェイトの方が底取りを早くすることができますが、メバルは上から落ちてくるモノに対しての反応がいい魚なので、1.5g・2g・3gといった軽いウェイトの方がフォールでのアタリが多くなります。

考案者がミュートボールを解説!!考案者がミュートボールを解説!!

去川プロは、プラグをメインにメバリングをすることが多く、トラウトやブラックバスのルアーを状況に応じて使用していました。そんな中、ジャッカルのブラックバス用ルアー『活虫』を使用してみるとメバルからのバイトを多く得ることが出来ました。そこから

クランクベイトでロックフィッシュを釣る方法!!クランクベイトでロックフィッシュを釣る方法!!

ミヤビス45DRは、フルキャストして巻くと水深約3mまで潜るクランクベイトで、浅場のボトムをノックしてロックフィッシュを誘います。(このボトムノック時に、クランクベイトならリップが根がかりを回避してくれます。)

根掛かりしにくいハードルアー ルーディーズ/魚極ペン100を紹介!!根掛かりしにくいハードルアー ルーディーズ/魚極ペン100を紹介!!

魚極ペン100には”Lock or Alive”というシステムが搭載されています。このシステムは、ボディ上部に装備されているフックが磁石でボディに固定されているシステムで、魚が掛かるまではボディ上部にフックが固定されていますが、魚が掛かれば魚に合わせてフックが可動するシステムです。