ルアー道。 シマノ,ジギング,ライトジギング,スーパーライトジギング,新製品 22オシアジガーリミテッドLJ/SLJ プロのインプレを紹介!!

22オシアジガーリミテッドLJ/SLJ プロのインプレを紹介!!


22オシアジガーリミテッドLJ/SLJ プロのインプレ

オシアジガーリミテッド

オシアジガーリミテッドは”先調子”に作られています。

しかし、弾くような先調子ではなく、ソフトティップでジグの動きをしっかりと制御しながら跳ね上げることができる先調子です。

さらに、非常に軽く作られており、その軽さに操作性やジャークのしやすさが合わさるので、スペック以上の軽さを感じることができます。

M40X

オシアジガーリミテッドは高弾性ブランクスを採用していますが、ジグのジャーク間の繋ぎを非常にスムーズに行うことが出来ます。

さらに、高弾性ブランクスがしっかりとジグに力を伝えてくれので、体への負担は非常に少ないです。

カーボンモノコック

このオシアジガーリミテッドにはジギングロッド初搭載の”カーボンモノコック”が搭載されています。

カーボンモノコックは振動伝達能力が高いので、穂先から入った振動をしっかりと体へと伝えてくれます。

それによって、海の中の情報をアングラーがしっかりと感じることができます。

また、形状は脇挟みしやすいように作られています。

グリップ

カーボンを一体成型して作ると硬くなりますが、オシアジガーリミテッドはカーボンモノコックがしっかりとしなるように作られているので、2ピースながら1ピースの様に力を逃しません。

チューブラー

「操作性」「シルキーさ」「軽快さ」を考えて”チューブラー”で作られています。

さらに、素材にはM40Xが採用されているので「軽く」「強く」「高反発」なロッドに仕上がっています。(驚異的な反発力がありながらジャークの継ぎ目継ぎ目はしっかりとベリーとバットで受け止めて、高出力な反発で戻してくれます。なので非常に身体が楽です。)

Xガイド

ガイドには”Xガイド”が搭載されています。

ガイドは倒れ過ぎるとライントラブルを減らすことができますが、ラインに掛かる抵抗が増えてしまい、フォールが上手く行えないことがあります。

逆に立ちすぎると摩擦が減ってラインに掛かる抵抗は減りますが、PEラインが絡まるトラブルが増えます。

オシアジガーリミテッドはベストな角度で設計されているので、トラブルレスでいながらジグのフォールを妨げることがありません。

また、ガイドフットが短いのでロッドの曲がりを妨げることがなく、さらにブランクスの性能を十二分に発揮してくれます。

トップガイド

トップガイドが金色なので、ジャーク時にトップガイドを見ることで小さな振動などを捉えることができます。

高弾性・高反発

高弾性で高反発な素材を使っているので、今まで見逃していた海の変化や魚からのアタリをしっかりと捉えることができます。

オシアジガーリミテッドLJ ラインナップ

オシアジガーリミテッドLJには『B63-1』『B63-2』『B63-3』の3機種がラインナップされています。

レングスは6フィート3インチに統一されており、パワーは1番から3番までラインナップされています。

B63-1は操作性が非常に良く、浅場でしっかりと釣るのに適したモデルです。

B63-2はオーリマイティなモデルで、ジグのアクションを指先でコントロールするかのように動かして、魚を掛けることができます。

B63-3はオシアジガーリミテッドLJシリーズの中のパワーモデルで、大型の魚や深いレンジを狙いやすいテーパーに仕上がっています。

オシアジガーリミテッドSLJ ラインナップ

オシアジガーリミテッドSLJには『S64-00』『S62-0』『S610-0』『B63-0』の4つのモデルがランナップされています。

S64-00はシリーズの中で最もライトなモデルで、水深40~50mを40~80gのジグを使ってキャストからバーチカルまで狙うことが可能です。

オールマイティに使える凄くしなやかなSLJど真ん中モデルです。

S62-0は山本プロがスピニングバーチカル用に使用しているモデルで、船が潮や風で流れない状況でフォールに反応する場合に重宝するモデルです。

S610-0はレングスが6フィート10インチと長いモデルで、キャストして広範囲を攻めることができます。

また、ドテラで流してもレングスがあるので、しっかりシャクリながらフォールを入れることができます。

B63-0は喰い渋った魚をフォールを使って喰わせることが出来るベイトモデルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。