カテゴリー: 釣り動画

湯川マサタカプロがセフィア エクスチューンをインプレ!!湯川マサタカプロがセフィア エクスチューンをインプレ!!

S79Mは短めのレングスを採用したMパワーのモデルで、大きいエギも小さなエギもしっかりと動かすことが可能です。硬すぎないMパワーなので、大型のイカとのやり取りで優先権を獲得しつつゆっくりエギを跳ねさせることも可能です。また、振り抜きが良いので短いながらに飛距離を出す事ができます。

ダイワのSBロデムミニ7g/10gを紹介!!ダイワのSBロデムミニ7g/10gを紹介!!

ヘッド形状は正三角形になっているので、左右へのダートがワイドにクイックに出すことが可能です。ワームはわざと曲がっている形状をしています。このようなへの字形状になっていることで、ワインドアクション時の左右へのダート幅が広くなり、早巻きした際にボディ後方が魚のようにアクションしてくれます。また、テールには

パームス/ピンウィールシリーズのプロのインプレを紹介!!パームス/ピンウィールシリーズのプロのインプレを紹介!!

PFGS-69UL+は、セカンドネームに”ティップパワーカスタム”と名付けられている通りティップにパワーを持たせたモデルです。そんなPFGS-69UL+が目指したのがミノーやペンシル、ポッパーをしっかりとアクションさせることです。なので積極的にルアーをアクションさせる釣りにおすすめです。

嶋田仁正プロがサイレントアサシン99フラッシュブーストを紹介!!嶋田仁正プロがサイレントアサシン99フラッシュブーストを紹介!!

嶋田プロにとって『サイレントアサシン99フラッシュブースト』は、場面に関係なく常にボックスに入っているルアーで、それはフローティング、サスペンド、シンキングどの種類でも同じだそうです。それは、サイレントアサシン99が「特徴が無いのが最大の特徴」だからで

石川仁希プロが春アジングのアミパターンを攻略!!石川仁希プロが春アジングのアミパターンを攻略!!

今回は流れの弱い漁港で釣りを開始していたのでジグヘッドのウェイトは1gを選択していました。仮に流れの速い堤防などで釣りをする場合は、レンジキープのしやすい1.2gや1.5gを使用します。流れの強弱によってウェイトを変えるのが重要です。

アルカリのボトムダートで冬のシーバスを攻略!!アルカリのボトムダートで冬のシーバスを攻略!!

アルカリをジグヘッドにセットする方法は、まずアルカリにジグヘッドを合わせてどの位置にフックを出すのかを確認します。(出す位置が決まったら傷を付けるとわかりやすいです。)確認したらアルカリの頭の真ん中からフックを刺して(アルカリの平らな方を上に)確認した位置までフックが来たらアルカリを裏返して、尖っている方にフックポイントを出すます。

冬から春のメバル攻略術を紹介!!冬から春のメバル攻略術を紹介!!

ジェリーサーディンシリーズには、現在ノーマルタイプの『ジェリーサーディン 54』、シャッドテールタイプの『ジェリーサーディン 55 シャッドテール』、大型タイプの『ジェリーサーディン スリムリッジ』の3タイプがラインナップされています。使い分けとして、まずはジェリーサーディン 54でメバルの活性を探ります。

小沼正弥プロがモアザン ヒソカ120F-SSRを紹介!!小沼正弥プロがモアザン ヒソカ120F-SSRを紹介!!

細身のルアーなのでバチ抜けやサヨリ以外にもベイトが小さい状況でも活躍してくれます。さらに、細身のルアーでもダウンに入るとアクションが暴れてしまいますが、このヒソカはダウンに入っても暴れないように作られています。なので、