【ima】サスケ 120 裂空のプロのインプレを紹介!!


imaより移動重心システム MRDを搭載したsasukeシリーズ『サスケ120裂空』が新登場しています。

SASUKE 120 裂空 鈴木斉プロのインプレ

移動重心システム”MRD”が搭載されたことにより、ルアーの立ち上がりが良くなっています。

なので、着水時にルアーの着水音で魚の目線が上がった際にルアーの動き出しが良いので、そのままバイトに繋げることができます。

磯場

磯場の場合は遠投するよりも足元や20~30m先のサラシや磯の際をどれだけタイトに攻めるかが非常に重要になってきます。

そんな状況でもMRDは非常に優れた性能を発揮してくれます。

波動

シケた磯の場合は、波動が重要なのでsasuke 130 剛力をメインに使用していたそうですが、ベイトが小さかったり水温が下がるとsasuke 130 剛力ではアピール力が強すぎます。

なので、そのような場合はsasuke 120 裂波にサイズダウンさせていましたが、sasuke 120 裂波ではどうしてもフックが小さいので浅掛かりを起こしてバレることがありました。

そこで、2フックでありながら弱々しい動きを演出できる中間的な存在のルアーであるsasuke 120 裂空は、磯で使うのに非常に使いやすいサイズだそうです。

 

 

SASUKE 120 裂空 大野ゆうきプロのインプレ

アクションは横に振り幅が少ないスローなロール系のアクションなので、何かについている魚に対して、突き上げバイトを誘いやすいアクションです。

フローティングなので、アクションを入れてフリーで流すような使い方もでき、さらにアップにアプローチしても動き出しが早いので、早い段階で喰わせられるアクションで誘うことができます。

アクションはkomomoに近いがしっかりと潜ってくれるミノーだそうです。

2フック

わからないポイントでいい魚を掛けると何が沈んでいるか把握できていないので、どうしても強引なファイトになりがちです。

そんな状況でも、このsasuke 120 裂空なら2フックで3番フックが搭載されているので、安心してやりとりができます。

 

SASUKE 120 裂空 濱本国彦プロのインプレ

SASUKE 120 裂空に搭載されたMRDは、ボールウェイトに比べて10%ほど飛距離が伸びています。

なので、普通のルアーだと風に煽られて落ちる場合でもSASUKE 120 裂空は飛行姿勢を戻してそもままストレートに飛んでくれます。

フローティング

SASUKE 120S 烈風は止めると沈んでいくシンキングでしたが、裂空は海水でスローに浮く設定なので、山スズキを釣るような淡水域ではほぼサスペンドに近いフローティングになります。

なので、アクションやリーリング後に止めると”フラフラ”っとアクションしながらレンジをキープしてくれます。

 

 

SASUKE 120 裂空 スペック&カラー

SASUKE 120 裂空 スペック

サイズ : 120mm
重量 : 20g
タイプ : フローティング
アクション : ウォブンロール
レンジ : 60cm~80cm
フック : #3
リング : #3

SASUKE 120 裂空 カラー

レッドヘッド

チャートバックパール

コットンキャンディー

ボラ

マットチャート

玉彩

マコイワシ

ピンク&ピンク

パールボラOB

アカキン

ゴールドボラ

メッキイワシ

 

情報元
https://ima-ams.co.jp/product/products/detail/210

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です