エメラルダス エアボート プロのインプレを紹介!!


 

住澤直樹プロによるティップランエギング術!!

風がある場合の使い方

程良い風がある場合は、エギを真下に落として様子を見ます。

もし、あまりにも流されるようだとシンカーを足して自分のシャクリやすい距離に調整します。

シャクる回数は5・6回から7・8回と自分の好みでいいそうです。

アワセ

秋は魚の場合がありますが、アタリがあった場合はアワセもアクションの一部になるので一旦アワセます。

アタリの取り方は、自分の見やすい位置に穂先を持ってきて目感度で確認します。

もし、風で流れている場合や波があって穂先が揺れる場合は、シャクった後にロッドを真っ直ぐに構えます。

アクション方法

住澤直樹プロのアクション方法は「エギを大きくなめらかに動かす」「移動距離を大きくスピード重視で誘う」「大きく速く動かす」の3つを使い分けているそうです。

まずは「エギを大きくなめらかに動かす」から初めて、「移動距離を大きくスピード重視で誘う」に変えて、それでもダメなら「大きく速く動かす」を試すそうです。

また、シャクる回数も3回から10回までを試行錯誤するそうで、風で船が流される場合はエギが浮いてしまうのでシャクる回数を少なくするそうです。

タックル

水深20mのポイントでのタックルは『エメラルダス AIR BOAT 65LS-S』に大型のイカも居る可能性を考えて『UVFエメラルダスディラセンサー 8ブレイドsi2 0.5号』『エメラルダス エギリーダーエクストリームⅡ 1.75号』を選択。

エギは『エメラルダス ボート Ⅱ RV』『仮面シンカー ボート 20g』を装着して使用していました。

風が強い状況ではレングスの長い『エメラルダス AIR BOAT 70MLS-S』に変更してシャクリを大きめにしてアピール力を上げていました。

また、エギに装着している仮面シンカーは30gにウェイトを上げていました。

エメラルダス ボートⅡ プロのインプレ

エメラルダス ボートⅡは、フォールスピードが速いのが特徴で、フォールスピードが速いことによって狙いのポイントを的確に攻めることができます。

シャクった時のアクションは滑らかなダートアクションを演出

また、カラーラインナップが豊富なのでどんなシチュエーションにも対応することができます。

カラー

住澤直樹プロがどこでも使用するカラーが『青-ピンク』で、迷うとこのカラーを選択するそうです。

また、エギのカラー選択に迷った場合は、船長に聞いてみるのもいいそうです。

 

エメラルダス AIR BOAT 511MLS-S プロのインプレ

エアーボートシリーズは全機種 目感度に優れたメガトップが搭載されています。

この511MLS-Sは、レングスが最も短い機種で、その分ロッド自体の自重が軽く仕上がっています。

バットパワーがしっかりとしていて、ベリーも若干張り気味なので、レングスが短いですがティップで感知したアタリをしっかりとフッキングすることができます。

また、ロッドの自重が軽いのでエギがアタった際の抜け感をしっかりと感じ取ってフッキングを決めることができます。

 

エメラルダス AIR BOAT 65LS-S プロのインプレ

エアボートシリーズで最も柔らかいモデルで、もちろん目感度に優れたメガトップが搭載されています。

ベリーは511MLS-Sに比べてかなり柔らかく設計されており、そこからバットに掛けて段々と硬くなって行き、バット単体で見るとしっかりパワーを持たせた設計がなされています。

なので、50gまでのルアーウェイトを扱うことができ、さらにディープレンジのアタリもしっかりとフッキングすることが可能です。

エギに仮面シンカーを装着したキャスティングゲームからティップランエギングまで対応したモデルです。

 

 

エメラルダス AIR BOAT 65MLS-S プロのインプレ

Lパワーはエギの重さが50gまででしたが、この65MLS-Sはそれ以上の重さを使いたい場合やよりディープを攻めたい場合、風で船が流される状況で活躍してくれます。

 

エメラルダス AIR BOAT 70MLS-S プロのインプレ

若干張り気味のソリッドティップが採用されていますが、ベリーがしなやかなモデルです。

しかし、レングスが7フィートあるので、全体的に柔らかいとエギがシャクリにくくなってしまうので、バットセクションはしっかりとしています。

そして、若干張り気味のティップは、ティップランエギングはもちろんのことSフォールにも適しています。

また、レングスがエアボートシリーズの中で最も長いので、エギとの距離が離れてもエギをしっかりとアクションさせることができます。

”手感度”と”目感度”両者共に優れたシャローからディープまでオールラウンドに使えるモデルです。

 

 

住澤直樹 タックル

住澤直樹 ティップランエギング タックル

ロッド : エメラルダス AIR BOAT 65LS-S(ダイワ)
リール : セルテート LT2500S(ダイワ)
ライン : UVFエメラルダスディラセンサー8ブレイド Si2 0.5号(ダイワ)+エメラルダス エギリーダーエクストリームⅡ 1.75号(ダイワ)
ルアー : エメラルダス ボート Ⅱ RV 3号(ダイワ)+仮面シンカー ボート 20g

住澤直樹 ティップランエギング(風が強い場合) タックル

ロッド : エメラルダス AIR BOAT 70MLS-S(ダイワ)
リール : セルテート LT3000S-CH-DH(ダイワ)
ライン : UVFエメラルダスディラセンサー8ブレイド Si2 0.5号(ダイワ)+エメラルダス エギリーダーエクストリームⅡ 1.75号(ダイワ)
ルアー : エメラルダス ボート Ⅱ RV 3号(ダイワ)+仮面シンカー ボート 30g

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です