ルアー道。 issei(海太郎),ロックショア,ロックフィッシュ,新製品 isseiより磯からのロックフィッシュに最適な”碧 五十六”が新登場!!

isseiより磯からのロックフィッシュに最適な”碧 五十六”が新登場!!


海太郎 碧 イソロク

 

名前の由来

名前の由来は「磯からのロックフィッシュ」で”磯ロック”となり、そこから大日本帝国海軍”山本五十六”と掛けて『碧 イソロク』となったそうです。

カラーデザイン

元々、アカハタのイメージで綺麗な赤と茶色っぽい赤、それからエメラルドブルーや金色を基に制作した所、ダサい竿になったので、そこからダサいカラーを消して現在のカラーデザインになったそうです。

イソロク スピニングモデルのレングス 

8フィート6インチも製作していたそうですが、採用されたのは9フィート6インチでした。

レングスが短いと障害物を超えることができないので、障害物を超えやすくするためにロングレングスが採用されています。

しかし、ロングレングスにし過ぎると柔らかくないと投げにくくなってしまいます。

と言って、柔らかくすると根がかりを解すように回避することができなくなります。

なので、丁度いい9フィート6インチを採用しています。

イソロク ベイトモデルのレングス

ベイトモデルはアタリがあった後にやり取りをする場合に「硬く」「重く」「しんどく」感じたので、スピニングモデルよりも短い9フィートが採用されています。

なので、ベイトモデルはスピニングモデルに比べて「短く」「硬く」制作されています。

当然、スピニングモデルはベイトモデルに比べて「長く」「柔らかく」制作されています。

なので、スピニングモデルとベイトモデル共に同じ感覚で使えるそうです。

ルアーイメージ

・1ozのジグヘッドをボトムで扱うことができる。

・30g~35gが一番気持ちよく使える。

・45gまではゆっくりキャストしたら使用できる。

・28~40gまで使用できる。

使用フィールド

防波堤やテトラポット、磯などの底が荒い場所をライトソルトではなく、ハードソルトな感じで使用できます。

ショアジギング

ショアジギングの場合、もっと柔らかい方が扱いやすいそうですが、このイソロクでもショアジギングができなくはないそうです。

村上プロはショアジギングをやり込んでいないので”できなくはない”、で今は留めておくそうです。

イソロク 発売日

発売日はまだ未定だそうですが、2021年の磯ロックゲームには投入可能な予定だそうです。

こだわり

ハートランドのような”高いロッド”ではなく、尚且つ華奢ではなく”強靭な竿”を目指したそうです。

村上的タックルセッティング

五十六 スピニングタックル

リール : 2500~3000番
ライン : PE1~1.5号
リーダー : 20~25lb

五十六 ベイトタックル

ライン : PE2~2.5号
リーダー : 7号前後

村上プロが使用しているリールは”マグシールドボールベアリング”が搭載されている『ジリオン TW HLC 1514』です。

さらにそのジリオンにissei謹製の『PEスプール』を搭載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。