ルアー道。 viva,ロックフィッシュ,根魚,釣り方&使い方 クランクベイトでロックフィッシュを釣る方法!!

クランクベイトでロックフィッシュを釣る方法!!


 

クランクベイトで淡路島のロックフィッシュを攻略!!

アクアウェーブ ミヤビス45DR

ミヤビス45DRは、フルキャストして巻くと水深約3mまで潜るクランクベイトで、浅場のボトムをノックしてロックフィッシュを誘います。(このボトムノック時に、クランクベイトならリップが根がかりを回避してくれます。)

リップにはタングステンボールが搭載されており、巻き始めるとすぐさま水深3mまで到達してくれます。

また、ミヤビスはロックフィッシュにとってベストなサイズである45mmで作られています。

リトリーブスピード

クランクベイトがボトムにコンタクトしたらゆっくりとリトリーブして根の上を通します。

また、クランクの場合、2~3投でも居たら喰ってくるので、数投して反応がなければ移動します。

タックル

滝本プロがクランクベイトに使用していたロッドは『ベイトフィネスロッド 7フィート10インチ Lアクション』でした。

リールはベイトフィネス用リールを使用します。

手持ちのバスタックルやエギングタックルで十分遊ぶことができます。

滝本宗祐 タックル

ロッド : ベイトフィネスロッド 7フィート10インチ Lアクション
リール : ベイトリール
ライン : PE0.6号+フロロカーボン8lb、10lb(エリアによって変更)
ルアー : ミヤビス45DR(viva)

シーズン

クランクベイトは海藻があると引くことが出来ないので、この釣りは秋~初春がベストシーズンです。

カラー

デイゲームでは”シルバー系カラー”が効果的で、ナイトゲームになると”ゴールド系カラー”が有効です。

この動画で釣れた魚

・ヒラメ・アコウ(キジハタ)・ガシラ・タケノコメバル


クランクベイトでおかっぱりロックフィッシュゲーム

クランクベイトのメリット

ワームはフグに食べられてしまうので、交換に時間が掛かってしまいます。

対して、クランクベイトはフグに食べられることが無いので、テンポ良く広範囲を探ることができます。

場所

河口や敷石周辺など、クランクベイトがボトムに到達するポイントであればどこでも気軽に楽しむことができます。

ミヤビス45DR

このミヤビス45DRのリップにはウェイトが内蔵されているので急潜航してくれます。

それによって、長い距離ボトムを引くことができます。

サイズは45mmとロックフィッシュが口を使いやすい絶妙なサイズ感が採用されています。

根がかり回避能力も高いので安心して使うことができるクランクベイトです。

アクション方法

基本的なアクションは”ただ巻き”です。

ただ、ボトムから少し浮かせた状態で巻くのがコツなので、上手く調整しながら巻きます。

また、ただ巻き以外にもロッドをさびくアクションも効果的です。

カラー

滝本プロがデイゲームでミヤビスを使う場合は”#A133 パステルクラウン”のようなシルバー系カラーをメインに使用します。

ナイトゲームの場合は”#A128 キンクロ”のようなゴールド系カラーをメインに使用します。

”A130 マットオレンジタイガー”のようなマット系カラーは濁りのある日におすすめです。

タックル

スピニングタックルを使う場合はエギングロッドで代用することができます。

ベイトロッドならばバスロッドで代用することができます。

滝本宗祐 ロックフィッシュ(クランクベイト) タックル

ロッド : ラークシューター LRGC-73ML+ KIJIHATA SP.(パームス)
リール : タトゥーラSV TW 103HL(ダイワ)
ライン : PE0.8号+フロロカーボン 12lb
ルアー : ミヤビス45DR(viva)

この動画で釣れた魚

・タケノコメバル・アコウ(キジハタ)・ガシラ(カサゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。