タグ: シーバス

東京湾ボートシーバス コノシロパターンを東京湾ボートシーバス コノシロパターンを

東京湾のボートシーバスの魅力は、シーバスが何を捕食するかによって「沖に行ったり」「浅場に行ったり」「河口に集まったり」場所を探しながら自分たちの狙いたいサイズを東京湾という広大なエリアでどうやって狙っていくのかが非常に面白い

スプラッシャー、ジャバミリップレス、カレフジョインテッドの使い方を紹介!!スプラッシャー、ジャバミリップレス、カレフジョインテッドの使い方を紹介!!

朝マヅメや夕マヅメやベイトが入っている状況では、少し速めの釣りで狙います。そして、完全に陽が沈んだらスローに落としていきます。カレントや流れ込みを狙う場合は、ドリフトも使うことが多いそうです。他にもデッドスローで

【Fishman】BC4 5.10Hを紹介!!【Fishman】BC4 5.10Hを紹介!!

赤塚ケンイチ氏が東京湾のボートシーバスで感じたのが「とにかく軽い」だそうで、厚いので自重はありますが、重心が掌に来ているので軽く感じるそうです。なので、兎に角キャストがしやすく 飛距離もかなり出すことができるそうです。茨城のテスターである

小沼正弥プロがバーストアッパー 140Fの使い方を紹介!!小沼正弥プロがバーストアッパー 140Fの使い方を紹介!!

バーストアッパーが有効なシチュエーションは、河口やサーフ、河川、汽水湖、磯など兎に角 大型ベイトが多い場所なら使えるそうです。時間は、トップウォーターといえば朝マヅメや夕マヅメですが、バーストアッパーは日中や

ブルーブルー クミホンディープを紹介!!ブルーブルー クミホンディープを紹介!!

さらに、リップの角度を付けすぎると抵抗になって飛ばないことがありますが、クミホンディープは空気抵抗を最小限にしたフォルムが採用されています。また、リップが長いので、ボートでのストラクチャー撃ちでも短い距離でしっかりと潜り、足場の高い位置での

ブルーブルーのシーバスロッド バルバル99を紹介!!ブルーブルーのシーバスロッド バルバル99を紹介!!

2つ目の特徴は”許容範囲の広さ”です。釣りはジャーキングだけで成立することが少なく、特に海釣りはフィールドに一本だけ持ち込むことが多いので、ジャーキングがダメな時はバイブレーションやワーム、大型のルアーをキャストしたい場合が