東京湾奥河川のクロダイ ミノープラッギングゲーム!!


クロダイのミノープラッギングゲーム

使用するミノー

使用するルアーは、シャッディングXやX80Jr. BEAT SWといった6cm前後のミノーです。

使い方は、ゆっくりただ巻きや早巻きで、それに加えてロッドワークでトゥイッチやジャーク等を織り交ぜます。

シーバス

シーバス用のミノーを代用していることが多いので、回遊によってはシーバスの方が釣れる事があります。

 

メガバス/X-80Jr. BEAT SW

小型のミノーはバイブレーションと比べると軽量なので圧倒的な飛距離は望めませんが、トゥイッチやジャーク後にラインスラックを出すことで”フワ~ッ”と浮遊感が出せます。

直進安定性

通常のX-80Jr.よりも固定重心で、着水後の水平姿勢や早巻きの際の安定性が向上しています。

アクション方法

トゥイッチやジャーク後に浮遊させて、喰わせの間を入れることでバイトを誘います。

その他にも連続的なトゥイッチやジャーク後すぐさまトゥイッチなど様々なアクションでクロダイの反応を伺います。

 

メガバス/シャッディングX

シャッディングXはリップが大きくサスペンドモデルのミノーです。

サスペンドモデルなので、着水後リップの力で潜らせます。そして、潜らせた後止めるとそのままの状態で停止します。

今回は、ブレイクの深くなっている所の流れが速い場所と弱い場所に潜らせて、止めてゆっくりと流して魚を誘い出しました。

ロングリップの効果

ロングリップは、着水して一気にルアーを潜らせられる効果と障害物に先にリップが当たることによって根がかりを回避してくれます。

 

メガバス/礁楽 SL-75MLS

軽いルアーを遠くに飛ばすために、バイブレーションゲームに比べると短くライトなロッドを使用します。

そして、ミノープラッギングのアクション方法はジャークやトゥイッチなので、軽くて短いロッドの方が正確にロッドワークを行なえて、長時間釣りを続けることができるのでこのロッドを選択。

リールはダイワのスイッチヒッター SH-LBDを使用。

加藤プロは、レバーブレーキリールを使用していますが、通常のリールでもいいそうです。

ラインは軽いルアーを遠くに飛ばすのとアクションさせた際に自然なダートを演出させるためにPE 0.8号を使用。

リーダーはしなやかなナイロンライン 16lbを使用。

メガバス/礁楽 SL-75MLS スペック

Length : 7’5″
Weight : 107g
Lure Capa MAX 14g
Line Capa MAX 10lb(PE 1.2)

加藤光一 ミノー タックル

ロッド : 礁楽 SL-75MLS(メガバス)
リール : スイッチヒッター LBD(ダイワ)
ライン : PEストロング8 0.8号(FAMELL)+対磨耗ショックリーダーN 16lb(FAMELL)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です